ついに出版決定!
携帯メールをわかりやすく解説。
総合法令出版株式会社より、2004年5月7日より全国販売!
価格: 1,575円

ご購入や詳しい案内はこちらから
ケータイ企画を具体的に解説しているメールマガジンです。購読希望の方は下記フォームにメールアドレスを記入の上、送信ボタンを押してください。
お名前:
姓:
名:
メールアドレス:
  
お手持ちの携帯電話から携帯eメール会員の擬似体験ができます。
業種別にサンプルが用意されています。お客様になった気分で、あなたご自身の携帯で体感してください。

これはよい方法だぁ!面白い!
・・・だけど???と悩んでいないで、まずはこちらを活用してください。受付順にご回答いたします。
ケータイ企画コンサルタントの中薗が直接、お答えいたします!
 メール会員様へのアンケート
 お送りしているメールが来店動機に
 なっていますか?の結果
 ■ はい ・・・ 198人
 ■ いいえ ・・・ 17人
こんな話を良く耳にするようになりました。以下は、笑えない実例です。

【実例1】ファーストフードのオーナーさん
先週の土曜日、近隣に約3万部のチラシを入れたんだけど、売上の報告を受けて“愕然”『本当にチラシ・・入ったんだよね』って新聞販売店を疑ってしまう。

【実例2】カラオケBOXの責任者さん
ある広告代理店からラジオCMの依頼を受け、半信半疑で承諾。CMが流れて早10日が経つが、ラジオを聞いて来たという客は2人だけ。もう来月からはCMをやめるつもりだ!

【実例3】飲食店の部長さん
パソコンホームページをオープンした。クーポンチケットも取れるようにしたが、今だに持って来た人は一人としていない。

さて・・・
●インターネットを商売の道具に考えるお店が増えています。しかし、そのほとんどは、パソコンによるホームページの作成やメールマガジンを利用した宣伝です。日本全国を商圏とする大きなお店や会社ならば、こうした利用方法でもよいと思います。
●でも、自店を中心とした限られた商圏しか持たないお店の場合、ホームページやメールマガジンは必ずしも有効とはいえません。全国の消費者に情報を流す必要がないからです。
また、パソコンが普及したとはいえ、幅広い年代の消費者が使いこなすまでにはまだまだ時間を要します。
実は、こういったお店にはパソコンよりももっと有力な武器があります。
それは、・・・・。